富士山の銘水の特徴

富士山の銘水は、国内でも稀に見る天然バナジウム含有の天然水です!

「富士山の銘水」は、静岡県御殿場の富士山の地下250メートルからくみ上げた天然水です。

富士山の雪解け水や雨水が幾層にも重なった玄武岩層を数十年・数百年とも言われる年月をかけてゆっくり通り、伏流水であるバナジウムをはじめ、ミネラルを豊富に含み蓄えられた弱アルカリ性の地下水です。

[aside type=”normal”]富士山の銘水は天然水のバナジウムを豊富に含む事から、健康志向の方や医療機関の方に人気急上昇中の天然水です。[/aside]

富士山の銘水が特におすすめの方

  • 健康的な生活をしたい方
  • 美容の為にいい水を飲みたい方
  • 天然バナジウムを取り入れたい方
  • おいしい天然水が飲みたい方

こういった方に特に人気があるのが、富士山の銘水です。

成分データ

成分含有量
マグネシウム5.2mg
ナトリウム21mg
カルシウム19mg
カリウム3.6mg
バナジウム58μg
硬度68mg/L
ph値7.7(弱アルカリ性)
採水深度地下250m
価格1セット2本:3,780円(税抜)
※成分量1Lあたり

成分の紹介

天然バナジウム

人体には少量しか含まれていませんが、マグネシウムやカルシウムなどと同じ必須ミネラルの一種で、薬理機能について専門家の間で非常に注目が集まるようになり、研究がおこなわれています。

近年何かと話題になっており、バナジウムを含んだ商品が多く見かけられます。